Road to ベトナム語

日本とベトナムの架け橋になりたい。 Youtubeにてブログと同名の動画をアップしております。よろしければご視聴お願いいたします。

ベトナム人の家族を案内する③食事

Xin chào! うちだです。

3回目の今日は、ベトナム人家族来日時の食事について。

 

例えば、結婚した相手がベトナム人(おそらく他の外国の方でも同様)で、日本に来日されました。その時に、食事の問題というのは絶対に発生するものだと思います。

 

例えば、寿司がいいかなとか

f:id:shutheviet:20170402221117j:plain

 

いろんなことを考えますよね。

 

でも、どこかで考えていませんか?

「日本に来たのだから、日本食を食べたいと考えているのは当たり前だし当然好きになってくれるもの」だと。

 

ですが、経験的にそうであるパターンとそうでないパターンがあるのもまた事実です。

 

寿司の場合、世界的に見て生魚を食べる(れる)国というのは、多いとは言えません。

もちろん、寿司を食べたことがないという人も大勢います。

魚というのは、煮魚や焼き魚で食べることが一般的であり安全性の面からも食べないことが賢いという一般常識があるところもあります。

私の知り合いの中には、その方の国の寿司屋で寿司を食べた直後に嘔吐下痢を起こし、緊急で入院したという事例もあります。

そのくらい、生魚を食べるということは危険な行為であるという文化の中で育った彼らにいきなり寿司を食えというのもなかなか酷な話である事も当然お察しできることと思います。

 

寿司以外にも日本食というものは数多くあります。ですが、多くの日本食というのは「日本という安全性の高い国」の中での産物であるものもあるということですね。

 

それから、日本のように全国各地に名産品や有名な食べ物がある国というのも珍しいのか、食に対してそこまで興味関心を寄せているわけでもない人もいます。

そういう人たちに対して、無理に日本食をオススメしても食べれないか、嫌いになるかのいずれかですよね。

 

もし、日本を案内する立場にある日本人の方はよくすり合わせを行った上で、彼らが旅行に対して何を望んでいるのかということを汲み取ってあげる必要があるのかもしれません。

 

日本人がベトナムに行った時に、毎日ベトナム料理を食べていると飽きてくるとか日本食が食べたくなるように、彼らも日本に来て長い時間を過ごすとベトナム料理が恋しくなるものだと思います。

 

そうしたことを考えながら、観光のプランを考える参考にしていただければ幸いです。

 

 

ちなみに…

外国人に聞いた好きな日本食の1位は寿司ではなく、ラーメンだそうです。

 

では、また。